エイジングケアアイテム スキンケア フェイスケア 最新美容成分情報 生活習慣

エイジングケアの基本!UV対策はこれで決まり!

更新日:

日差し

肌が弾力を失う大きな原因として挙げられるのが、加齢や紫外線や血行不良です。

その中でも一番気を付けたいのが、紫外線によるお肌の老化です。紫外線がお肌の老化に繋がってしまう理由を含めて正しいUV対策を紹介していきます。

UV対策その1:お肌への影響が大きい紫外線をシャットアウト

〇そもそもお肌の構造はどうなっているの?
お肌は、1枚の皮膚で出来ていると思っている方も多いと思いますが、実際、お肌は大きく分けて3層に分かれています。

お肌の表面を覆う「表皮層」、その下には、コラーゲンやエラスチン繊維と呼ばれるお肌の弾力を作る「真皮層」、お肌の土台を作る「皮下組織」と呼ばれる3層です。

特に、真皮層は、お肌のハリを作るコラーゲンを作っているのでエイジングケアに力を入れている方にとってはとても重要な層になります。

〇紫外線を浴びると
紫外線を浴びてしまうとその紫外線は、お肌の奥の真皮層まで届きます。

真皮層まで届いた紫外線は、肌のハリを保つために重要なコラーゲンまで壊してしまいます。

合わせて、コラーゲンは、加齢によって少しずつ減少していきます。

さらに、紫外線による老化が加わると肌表面のハリが失われていきます。

そのため、シワやたるみが顔に現れやすくなってしまうのです。

紫外線は、普段なんとなく浴びてしまいがちですが、お肌の層で実はそれだけの害をもたらしてしまっているのです。

紫外線によるシミやシワは、何としてでも避けたいものなのです。

普段のUV対策というと顔のみカバーしている方も多いのですが、露出している腕や首、髪の毛などすべてにおいてUV対策は必要です。UV対策アイテムとして日傘は万能ですが、日傘がさせないような場所では、帽子、アームカバー、ショールなどのほかにスプレータイプの日焼け止めもあります。

■UV対策その2:紫外線のピークを知っておく

一般的に真夏の日差しが強い7月、8月にいちばん紫外線が多いように感じますが、実は4月、5月が最も紫外線が強いと考えられています。最近では、夏だけに関わらず年中ドラックストアや化粧品店でUVクリームが販売されています。

日焼け止めの類は、あまり塗りたくないと考えている方も季節や用途によって効果が強いもの、弱いけれどお肌に優しいものとわけて使うことが上手に活用するポイントです。冬でも日差しはそこまで強くないですが、日焼け止めを塗ることを強くおすすめします。

効果が強ければ紫外線を防ぐ効果は高まりますが、お肌を傷めてしまう恐れもあるのでUVクリーム選びも自分のお肌と相談しながら決めましょう。

■UV対策その3:うっかり日焼けをしてしまった時のアフターケア

暖かくなるシーズンは、レジャーやイベントなど外に出る機会も多くなりますが、必ず塗っておきたい日焼け止めを塗り忘れることもあります。

また、塗り直さずに1日過ごしてしまったなんてこともあるでしょう。

そんな日には、自宅に帰った後、いつもより念入りにスキンケアする事を心がけましょう。

日焼けは、実は、肌の火傷であり、上記でも述べたようにコラーゲンを破壊し、お肌の老化を速めてしまいます。

日焼けをした日は、特にたっぷり化粧水で保湿をしてパックやクリームなど念入りなスキンケアとビタミンが多く摂れる食材を多めに摂取しましょう。それが難しければサプリメントで補いましょう。

化粧水について特に指定はないですが、ビタミン系の成分が配合されているものや美白効果がある化粧品を選び、たっぷりと保湿をするのが良いでしょう。こういった行いが紫外線を浴びたお肌の応急処置となります。

■まとめ

紫外線がお肌に悪いと言っても、どう悪いのかという細かい所まであまり知らない方が多いのではないでしょうか。

紫外線を浴びてしまうことでせっかくスキンケアラインをエイジングケア商品に変えても意味がなくなってしまいます。

そのためにも、こまめな紫外線対策を行うことが大事になってきます。

紫外線による肌のたるみやしわ、シミは、歳を取るにつれて出やすくなります。

日焼け止めを塗るのは面倒だと感じる方も多いですが、塗る習慣が身に付けば逆に素肌でいることが嫌になってくるものです。

若いうちから早めの紫外線対策を心掛けることがエイジングケアの第一歩なのです。

 

このブログでは、貴方に25歳からの最新エイジングケア情報を順次ご紹介いたします。

 

話題の「インド女性の美しい黒髪の秘密 ヘナ」お薦めです。

話題の「シミ対策として、飲む日焼けサプリメント」お薦めです。

-エイジングケアアイテム, スキンケア, フェイスケア, 最新美容成分情報, 生活習慣

Copyright© 25才からのエイジングケア入門 , 2018 All Rights Reserved.