スキンケア フェイスケア ヘアーケア ボディケア 生活習慣

テレビを見ながら簡単に行える!お手軽セルフエイジングケア

更新日:

エイジングケア TV

エイジングケアとは、加齢からくる様々な肌トラブルに対しての予防と年齢に負けない美肌を作るための対策を行うことを指します。

エイジングケアは、いつ頃からどのようなスキンケアを行えばよいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

エイジングのサイン

エイジングのサインにはいろいろありますが、特に以下のような症状が気になり始めたらエイジングケアを始めましょう。

○毛穴の広がり
昔に比べて毛穴が目立つようになり、毛穴の広がりが気になりはじめたら老化のサインです。顔は他の部分と比べて皮脂腺が発達しており、皮脂が過剰に分泌された状態のお肌は、毛穴が開いているように見えてしまいます。

○目元口元の小じわ
目や口の周りの皮膚は、とても薄いく乾燥に弱いため皮脂膜が作られず、小じわができてしまいます。

○ファンデーションが浮く
いつも使っているファンデーションが浮いてきたら、それは緊急サインです。皮脂が余分に分泌され、肌の上に広がり、メイクが崩れてしまいます。

○シミくすみが増えた
シミやくすみの一番の原因は紫外線です。肌が紫外線を浴びるとメラニンが過剰に分泌され、シミやくすみの原因になります。

■エイジングケアで大切なこと

エイジングケア ポイント

○紫外線対策
紫外線対策は、きれいなお肌を保つには必要不可欠です。紫外線の影響は、すぐにお肌には出ず、長年、紫外線を浴び続けることで年を取ってからいきなり出てきます。毎日、きちんと紫外線対策を行うことが大切です。

○毎日のスキンケア
毎日の洗顔、化粧水、乳液、保湿のスキンケアで肌にあった化粧品を選ぶことも大切です。若いころに使用していた化粧品がいつまでも肌にあっているとは限りません。肌の状態に合わせて化粧品も変えるとよいでしょう。

■簡単、時短エイジングケア

○週2回の保湿パック
エイジングケアで一番大切なことは、保湿です。保湿パックには、化粧水がたっぷり含まれているので化粧水を塗るより高い保湿力があります。何種類もの化粧品を塗りたくない方には、おすすめの保湿方法です。10分~20分くらいでパックをはがすのが良いです。長い時間パックを肌にのせているとパックも乾いてしまい、せっかく保湿したお肌も乾いてしまいます。お風呂あがりにテレビを見ながらでもできます。

○スキンケア時にエイジングケア
シワやたるみなどが気になる時に通常のスキンケアにエイジングケアをプラスする方法です。シワが気になる部分に化粧品を塗る際、反対側の手を添え、シワを両側からのばすようなイメージで軽く引き上げます。そして、鏡を見ながらニッコリと笑って頬の高い部分を指の腹で持ち上げ、頬の筋肉に疲れを感じるところで手を止め10秒程キープします。リフトアップ効果も期待できます。

○深呼吸
日々のストレスは、肌には大敵です。ストレスを感じると呼吸が浅くなります。ストレスを感じた時は、鼻からゆっくりと大きく息を吸い、口からゆっくりと吐く深呼吸を繰り返します。深く呼吸することで細胞レベルでの若返りに効果があります。

○頭皮マッサージ
頭皮は、皮一枚で顔とつながっています。頭皮が固くなると表情もかたくなり、顔の血色が悪くなります。

5本の指で、生え際から頭のてっぺん、こめかみから頭のてっぺん、後頭部(首のあたり)から頭のてっぺんに向かって少し力をいれて指をすべらせます。入浴時、シャンプーのついでにできるマッサージです

■まとめ

今までの肌と少し違いがでてきたら、エイジングケアを早めに行うことをおすすめします。肌の悩みが深刻になってからでは、簡単なセルフエイジングケアのみで肌の調子は良くなりにくいです。

エイジングケアで一番大切なことは、保湿です。特に若いころは、保湿クリームを塗りたくないかもしれませんが、エイジングケアに早すぎるということはありませんので早めのケアをおすすめします。

 

このブログでは、貴方に25歳からの最新エイジングケア情報を順次ご紹介いたします。

 

話題の「目の下ケア」お薦めです。

話題の「背中ニキビのケア」お薦めです。

話題の「シミ対策 飲む日焼けサプリメント」お薦めです。

-スキンケア, フェイスケア, ヘアーケア, ボディケア, 生活習慣

Copyright© 25才からのエイジングケア入門 , 2018 All Rights Reserved.