スキンケア フェイスケア 生活習慣

エイジングケアいつから必要?30代のスキンケアを考える

更新日:

これまであまりスキンケアについて考えたことが無かったという方でも意識し始めるのは、30代に入ってからではないでしょうか。

または、20代の頃から何も変えていない…という方も多いでしょう。そんな女性にぜひ参考にしていただきたいスキンケアの基本についてご紹介したいと思います。

30代 エイジングケア

エイジングケアってなに?絶対にしなきゃいけないの?

よく耳にする「エイジングケア」という言葉ですが、「エイジングケア」とは、加齢に伴って変化していくお肌の状態に合わせて化粧品などで認められている効果・効能の範囲内で年齢に対応したケアを行うことです。

しかし、近年では、化粧品に頼るだけではないエイジングケアに対しても注目されています。化粧品だけでなく、体を動かすことや食事の方法などさまざまなエイジングケアの手法が存在しています。では、このエイジングケアは、30代から絶対に始めなければいけないものなのでしょうか?

まず、開始するポイントとしては「お肌に加齢による悩みがでてきたら」というのが一般的です。30代に関わらず、最近では20代後半の方からもエイジングケアを始めたなどという声が聴かれます。これは、多くの女性がエイジングケアに対する意識が高まってきているからではないでしょうか。

■エイジングケアの基本!まずは「保湿」

様々なお肌のトラブルのいちばんの原因だとされているのが、実は乾燥によるものです。そこで、エイジングケアの基本として、まずはしっかりと保湿対策を行うことをオススメします。化粧品はあまり塗りたくないと考えている方もこちらを参考に保湿だけは心がけておきましょう。

数多くの化粧品の中でも特に注目したい成分が「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」でしょう。どの成分も、もともとはお肌に存在している成分なのですが、特にセラミドは表皮の一番上の層に存在している成分の1つなので、失われやすいのも事実です。

セラミドが不足すると角質細胞間脂質に隙間ができてしまい、お肌の機能の低下や乾燥、老化が進んでしまいます。

体内のセラミドだけで補えなくなってきたときには、このセラミド成分が配合された化粧品などに変えてみるのもいいでしょう。

年間を通した「紫外線対策」

 

乾燥と同じくらい肌に負担をかけているのが紫外線です。特に、お肌に対しては、UV-Aという紫外線が老化を進める原因となります。

紫外線を防ぐためには、日焼け止め成分の入った化粧下地などを日常的に使って毎日の習慣にすることが大切です。

日焼け止めやファンデーションを塗りたくないという方は、ビタミンCを意識的に摂取しましょう。

エイジングケア ビタミン

ビタミンCには、メラニンの定着を防いでくれる役割があります。柑橘系の果物や緑黄色野菜などを摂取することで体内からのケアも大切です。

体内からケアを!「生活習慣の見直し」

最後に忘れてはいけないのが、体内からアプローチするエイジングケアです。特に生活習慣では、睡眠時間や過度なストレスを見直すことによって、お肌にいい影響を与えてくれます。

お肌が再生しようと頑張ってくれるのは、睡眠時だという話はご存知の方が多いと思いますが、良質な睡眠を確実にとることでお肌に良い状態を作ってくれます。

また、代謝を高めるという意味では、体を動かすという事も重要です。毎日少しずつでも運動する、習慣をつけることでお肌だけでなく体内からエイジングケアができます。

■まとめ

決して30代で始める事がベストではないことと大事な三つの基本的なケアを簡単にお届けしました。保湿、紫外線対策、生活習慣の見直しのどれもがエイジングケアには欠かせない項目です。

加齢によるお肌の悩みがでてきたら、また、今までの化粧品が合わなくなったと感じたら、まずはこの3つを見直してみてはいかがでしょうか?

 

このブログでは、貴方に25歳からの最新エイジングケア情報を順次ご紹介いたします。

 


話題の「トップモデル愛用!エイジングサインに働く」お薦めです。

 

話題の「30歳からのオールインワン高保湿クリーム」お薦めです。

-スキンケア, フェイスケア, 生活習慣

Copyright© 25才からのエイジングケア入門 , 2018 All Rights Reserved.