ボディケア 生活習慣 食事

体力低下はエイジングケアのサイン!??

更新日:

エイジングケア 体力

加齢と共に体力は低下していき、体に不調が出やすくなってきます。体力低下とエイジングケアは一見関係のないことのように思えますが、実は体力低下は大切なエイジングケアのサインだったのです。
体力低下

体力は20才がピークであり、その後、加齢とともに低下していきます。また、睡眠不足や栄養不足など生活習慣の乱れも体力低下の原因です。体力が低下していくと疲れやすい、疲れが取れない、体が重たいなどの症状が現れ生活に支障をきたすこともあります。

体力低下は体の不調だけでなく、血行不良により顔色が悪くみえ、お肌に栄養がいかなくなりシワやたるみ目が立つようになります。体もお肌も長く健康でいるためには、体力低下を防ぎ、維持していくことが大切なのです。

体力低下を防ぐためには

運動 エイジングケア

運動
まずは、運動をしましょう。運動といっても激しい運動をする必要はなく、軽い有酸素運動で構いません。

一番におススメなのは、20分から30分のウォーキングです。ウォーキングは、必要な道具などもなく簡単に始めることができます。慣れていないうちに長時間ウォーキングをすると怪我や続けられない原因になりますので毎日無理なく続けられる程度にすることが大切です。

ウォーキングになれて来たらジョギングをすることもおススメです。一週間に2、3回、20分程度のジョギングからはじめましょう。ウォーキングをするときよりも足への負担がかかるのでランニングシューズを履きましょう。水分補給も忘れずに行ってくださいね。

この他に筋トレを習慣づけることもよいでしょう。ジムなどに通う必要はありません。自宅でできる腹筋やスクワットなどの簡単な筋トレからはじめましょう。

食生活
次に食生活です。人間に必要なエネルギーは、50パーセント以上炭水化物でできています。
炭水化物が足りないと疲れやすくなり、疲れが取れなくなってしまいます。そのため体力をつけるためには、しっかりと炭水化物をとることが大切です。

特にお米は腹持ちがよく、エネルギーを持続させてくれるため朝はパンよりお米を食べるようにしましょう。

また、体力低下の原因に貧血があります。貧血になると栄養が体にいきわたらず疲れやすくなってしまうのです。そのため、鉄分を多く含むレバーやほうれんそうをとりましょう。

その他、体力を上げるためには筋力を強化してくれるタンパク質も必要です。運動をしていてもタンパク質が不足していては、筋力がつきません。そのため、タンパク質が多く含まれる卵や大豆、肉をとるようにしましょう。

それでも疲れが取れない場合はビタミンを多くとりましょう。野菜と栄養の吸収を高めてくれるオレンジなどのビタミンCは、日常的にとるようにしてください。

野菜不足やビタミン不足を補うために野菜ジュースを飲んでいるという人は多いと思いますが、実は、野菜ジュースではほとんどビタミンはとれていません。そのため野菜ジュースで補おうとするのではなく、サラダなどの生野菜をたべるようにしましょう。

食事のタイミング
食事をとるタイミングも大切です。朝は、とくにエネルギーが必要なため必ず食べるようにしましましょう。また、満腹状態で寝ると消化が悪く逆流性胃腸炎になるリスクもあるため夕食は、寝る3時間前までに済ませるようにしましょう。

睡眠
最後に、睡眠です。睡眠不足や質の悪い睡眠では、体力は回復しません。スマホやパソコンから出ているブルーライトは、脳を活性化させ寝つきが悪く眠りを浅くさせてしまいます。そのため、就寝前2時間は、スマホやパソコンを控えましょう。

カフェインの摂取や喫煙も質の悪い睡眠の原因になるため就寝前は控えてください。このようなことに気をつけ、6時間から8時間睡眠をとることで1日の疲労が回復し体力低下を防ぐのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?体力低下は立派なエイジングケアのサインであり、このようなことを日頃から気を付けることでいつまでも若々しい体でいられるのですね。

加齢による体力低下は仕方ないと思い、放置している人は今すぐ生活を見直してみましょう。

 

このブログでは、貴方に25歳からの最新エイジングケア情報を順次ご紹介いたします。

 

話題の「まくら専門店」お薦めです。

話題の「完全日本製の13層の極厚27cmマットレス」お薦めです。

-ボディケア, 生活習慣, 食事

Copyright© 25才からのエイジングケア入門 , 2018 All Rights Reserved.