25歳からのエイジングケア入門とは? スキンケア フェイスケア ボディケア 最新美容成分情報

徹底解説!肌の不思議とエイジングケアの秘訣

投稿日:

エイジングケア 不思議

肌は、老化とともにツヤやハリが失われ、シミ、たるみ、シワなどが増えてきます。今回は、そんな老化の原因を徹底解説し、肌を若々しく保つためのエイジングケアの秘訣をご紹介します。

肌の不思議と老化

肌は、20才をピークにどんどん老化が進み、様々な肌トラブルを引き起こしていきます。きちんとスキンケアをしていても悩みが解消されないと不思議に思っている人も多いと思いますが、まずは、肌の老化についての知識を得ることが大切になってきます。

肌の老化の原因は、大きく分けて紫外線、乾燥、酸化の3つあります。

紫外線
紫外線は、わずか1,2分浴びるだけでも肌にダメージを与えてしまいます。その紫外線を長年浴びるとシミなどを引き起こします。長年積み重なった紫外線が原因のためシミが出てきてから紫外線対策をしても遅いのです。若いうちに紫外線対策をしていなかった人は、肌の老化が早くなってしまいます。

乾燥
年をとるにつれて肌は徐々に乾燥していき、肌のうるおいが低下してしまいます。乾燥してしまう理由は、皮膚の角質層にある保湿成分が減少していくからです。角質層の表面が乾燥により剥がれるとここに隙間ができ、皮膚の水分が蒸発してしまうのです。この乾燥を放置していると小じわがどんどん目立っていきます。

酸化
肌は、鉄と同様に空気に触れると錆びてしまいます。人間は、体内に酸素をと取り込むと活性酸素を発生させます。その活性酸素が脂質と結合し、酸化させて肌にダメージを与えるのです。

その結果、肌の弾力がなくなりハリやツヤが肌から失われていきます。普通に生活していても酸化は進みますが、紫外線や喫煙、食生活などの乱れにより酸化を進めてしまいます。

効率のよいエイジングケア

紫外線 エイジングケア

なんとなく肌によさそうなものを次々と試しているうちにどんどん老化は進んでいってしまいます。そのため、肌の老化についてきちんと知った上で、次は効率の良いエイジングケアが大切になってきます。

紫外線対策
外に出るときは、365日24時間行いましょう。また、まだ若いからと言って紫外線対策を怠ってはいけません。早めの紫外線対策をすることで肌の老化を予防することができるのです。

日焼け止めを何回も塗りたくなくて、外出前に塗るだけになっていませんか?実は、日焼け止めは汗や皮脂によってとれてしまっています。そのため、外出前だけでなく外出中も2~3時間おきに塗りなおしてください。

また、日焼け止め選びも重要なポイントになってきます。最近は、テクスチャーが軽く水のように伸びる日焼け止めが人気です。

しかし、このようなものは、あまり肌に日焼け止めが定着しないため何回も重ね付けしないとあまり効果はありません。感覚的にしっかり肌に乗っていると感じる重めのテクスチャーのものを選ぶようにします。

また、日焼け止めには紫外線吸収剤が入っており、肌にダメージを与えることがありますのでこの成分が含まれていないことを確かめて選びましょう。

保湿
スキンケアをする際には、保湿を重視しましょう。セラミド、ヒアルロン酸といった保湿成分が入ったスキンケア商品が有効です。

どれだけ保湿していても肌に浸透している感じがしないときは、乾燥が進んで肌の角質が厚くなっている可能性があります。そんなときは、保湿成分の入ったフェイスパックをしてください。

また、リキッドやオイルのクレンジングは、肌を乾燥させてしまいます。そのため、クレンジングはクリームタイプのものを選ぶとよいでしょう。肌の保水力を高め、乾燥対策をしっかりすることで老化による肌のトラブルを防ぐことができます。

以上2点がエイジングケアを効率的に行う重要なポイントであり、これを行うことにより老化は防止することができ美肌を保つことができるのです。

まとめ

いかがったでしょうか?肌の老化の原因は意外と知られておらず、エイジングケアをしているつもりでも足りていないことが多いです。自分の続けやすいエイジングケア商品を見極めて選び、きちんと続けることが大切なのです。

 

このブログでは、貴方に25歳からの最新エイジングケア情報を順次ご紹介いたします。

 

 

-25歳からのエイジングケア入門とは?, スキンケア, フェイスケア, ボディケア, 最新美容成分情報

Copyright© 25才からのエイジングケア入門 , 2018 All Rights Reserved.