ボディケア メンタルケア 最新美容成分情報 生活習慣

エイジングケア!流行りに流されないで内側からのケアを目指しましょう

更新日:

エイジングケア 流行り

エイジングケアに関しての情報が溢れている時代ですね。自分に合う体のケアを見つけるのは難しいかもしれません。しかし、内面のケアができていなければ外的にエイジングケアをしてもうまく効果が現れません。肌と体が若返る方法を実践しましょう!

運動不足解消で内側からエイジングケア

適度な運動で細胞の再生
肌や体の細胞の再生を促すには、適度な運動が欠かせません。毎日少しずつでいいので体を動かす習慣をつけましょう。激しい運動をときどきするよりも軽い運動を頻繁にする方が有効的です。

エイジングケア 運動

時間が無いので、私は運動するのは難しい!?
時間がないという人は、運動するチャンスを見逃しています。実はエイジングケアに役立つのはスポーツだけではありません。身体を動かすことは、全て運動です。

特別に時間を作らなくてもできることは沢山あります。テレビを見ながら腹筋を行うことや駅で階段をつかうこと、歯磨きや洗い物をしたりしながらかかとを上げ下げすることもできます。ふだんからキビキビ動くことを心がけるだけでも運動量はアップします。エイジング防止効果を高めるにはコツコツ続けて三日坊主にしないことが重要です。

ウォーキング
手軽で美容効果も高い運動としてオススメなのは、ウォーキングです。ポイントとしては、少し息が上がる程度の速さで足早にあるきます。荷物は持たず、シューズは歩きやすいものを選びましょう。

まずは、一回20分程度のウォーキングを週に2回からスタートしましょう。血流が上がり、基礎代謝量が増えて太りにくい体を作ることができます。

代謝を上げるとは

人間には3つの代謝があります。エイジングケアのポイントで、美肌づくりやダイエットのために役に立つのが代謝を上げることです。

肌代謝
肌のターンオーバーによって古い細胞と新しい細胞が入れ替わることをいいます。肌代謝が低下して古い細胞やメラニンが残ってしまうと、シミやくすみができてしまいます。
基礎代謝
活動していない時にも消費しているエネルギーのことをさします。体温維持、脳の活動や内臓の活動など生命維持のために使われるエネルギーです。筋肉の量が多いほど基礎代謝もたかくなります。
水分代謝
水分が体内で利用され、最後は尿や汗として排泄されることをいいます。水をたくさん飲みましょうという話を聞くこともありますが、水を大量に取ると水分代謝が上がって老廃物が出て行くということはありません。汗や尿として排泄できる水分の量には、限界があるので取りすぎてしまうことは良くありません。

女性に限らず、代謝を上げたいと多くの方が考えているでしょう。その割には、代謝の意味についての理解をしていない方が多いです。これを機に代謝について正しく理解してエイジングケアに生かしていきましょう。

心と体と肌の関係

女性の肌には、ホルモンバランスの乱れやストレスなども反映されてしまいます。美肌をキープするにはご自身の体としっかり向き合うことも大切です。

慢性的なストレスは、気づかないうちに肌や体をむしばみます。体の機能のうちで、たとえば呼吸や心臓の働き、消化などは、自分の意思によってではなく、全て自律神経によってコントロールされています。

自律神経には、交感神経、副交感神経の2種類があります。

・交感神経
活動する時に活発に働くもの

・副交感神経
休息する時に活発に働くもの

人間の体は、2つの神経がバランスよく働くことで健康に保たれます。自律神経は、精神的な刺激にも反応するためストレスによって働きが乱れ、肌や体に影響を及ぼすことがあります。

さらに、体内に活性酸素が発生し肌老化も進めてしまいます。出来るだけストレスを回避した方がエイジングの進行を食い止めることにつながります。

ストレスの害を避けるポイントとは、交感神経の緊張を解くこと、リラックスする時間を持ち副交感神経を刺激すること、体を動かす、笑う、瞑想をする、アロマテラピーなど自分に合ったリラックス方法を探して実践してみることです。

まとめ

現代は、ストレス社会と言われているようにストレスを感じるなという方が難しいかもしれません。それでも実践できることは、あります。

自分の健康も守り、エイジングケアもできたらとてもいいですよね!皆さんも内側のケアをまずは、1つ実行することからスタートしませんか。

 

このブログでは、貴方に25歳からの最新エイジングケア情報を順次ご紹介いたします。

 


話題の「快適睡眠の枕」お薦めです。

話題の「目の下ケア アイクリーム」お薦めです。

-ボディケア, メンタルケア, 最新美容成分情報, 生活習慣

Copyright© 25才からのエイジングケア入門 , 2018 All Rights Reserved.