スキンケア フェイスケア 最新美容情報

「プチプラなのに優秀なエイジングケア配合の美容液」選ぶポイント

更新日:

エイジングケアと聞くとお金がかかるというイメージが強いうえ、美容液と聞くと余計に手が出しづらくなりますよね。ですが、プチプラでも優秀な美容液で、しかもエイジングケアができるものがあります。

プチプラでどんな成分が配合されている美容液を選べば良いの?

エイジングケア成分配合といっても一体どんな成分なのか気になりますよね。乾燥を防いでくれる成分と活性酸素による体の老化を防ぐための抗酸化成分が主に配合されています。

そのなかで良く知られているのが、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸です。これらの成分は、体内にもともとあるものですが年を重ねるごとに失われ、肌トラブルの大きな原因にもなります。

セラミド
乾燥を防ぎ紫外線など外部からの刺激をはねかえす機能を担っているのでセラミドが減少すると紫外線が肌の奥まで入り込みやすくなります。

コラーゲン
肌の奥の真皮層を占めるのは、コラーゲンです。コラーゲンが減少すると重力に負け、ハリが失われます。

ヒアルロン酸
とても保水力に優れ肌内部に存在することで乾燥を防ぐ働きをもっています。ヒアルロン酸が減少すると肌の乾燥が気になるようになります。

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸これらエイジングケア成分が配合されている美容液を選ぶとよいでしょう。

効果的な使い方

スキンケアは、洗顔の後に水溶性の高いものからつけていくので、化粧水の後に使用がベストです。(メーカーなどによっては、この順序が変わる場合もあります。)手のひらに適量の美容液をとり、顔の面積の広い部分からつけていき内から外・下から上へなじませていきます。

全体につけたら両手で顔全体をパッティングするように優しく押さえましょう。こするなど刺激を与えず優しくつけるのがポイントです。

普段のスキンケアに取り入れる
美容液は、普段のスキンケアよりもスペシャルケアで使用する人も少なくないでしょう。ですが、美容液は、肌の内側の水分を保つ役割があるので頑張って高価なものを特別な日に使うのではなくプチプラで良いものを普段から使い続けることが大切です。

使う時の注意点
美容液は、乾いた肌に使うと浸透しないのでしっかりと水分補給をして肌をやわくしてから使うと良いでしょう。肌が荒れている時に使うと効果を得ることができないことや肌への負担になってしまう可能性もあるので肌が荒れている時は、使用を控えたほうが良いです。

美容液は必要なの?

美容液は、スキンケアの中でも特別なケアをしてくれます。シワ・たるみ、美白や潤いなどエイジングケアには、欠かせない効果がたくさんあります。

めんどくさくて塗りたくなくても化粧水や乳液では補えないものを美容液で補うことができるのでエイジングケアをしたいという人でなくても綺麗な肌作りをするためには、美容液をつかうことが大切です。美容液は、エイジングサインのお手入れがしたいなど、その時の目的に合わせて選ぶのがおすすめです。

美容液の役割
現在の肌が必要としている美容の成分を肌の角質層に届けます。美容液は、乳液やクリームのように油分が入っていないのでベタベタすることがなく皮脂が多い肌の人でもしっとり・もっちりとした肌を手に入れることができます。

まとめ

エイジングケアはしたいけど今まで美容液と聞くと高価なイメージがあり、なかなか手を出せなかったという人もプチプラでエイジング成分もしっかり配合されたものだと使い続けやすいのではないでしょうか。美容液を選ぶ時には、自分の肌の悩みにあった成分が配合されているを確認することも大切です。

そして、使い方を守り、毎日のスキンケアに取り入れることで効果を実感できます。美容液は、プチプラな上にエイジングケア配合なのでエイジングケアをしたい人のファーストスッテプには、とても魅力的です。ネットなどで調べるとプチプラなものから効果なものまで目にすると思います。自分の肌にあったもので価格的にも毎日使えるものを選んで使い続けましょう。

 

このブログでは、貴方に25歳からの最新エイジングケア情報を順次ご紹介いたします。

 

話題の「首イボ・角質ポロリ」お薦めです。

話題の「トップモデル愛用!エイジングサインに働く」お薦めです。

-スキンケア, フェイスケア, 最新美容情報

Copyright© 25才からのエイジングケア入門 , 2018 All Rights Reserved.