ボディケア 声年齢 生活習慣 食事

「声も老化する?!声年齢を意識してコミュニケーションを楽しもう!」

更新日:

人と人がコミュニケーションをする際、声はその人を印象付けるポイントになります。指紋と同じように声紋があり、同じ声の人はいないと言われるほど個性や特徴が出るのが声なのです。


美しい声で人と話せるようになると、自分に自信もついて来ます。意識的に喉のエイジングケアをして、あなたも声年齢を若返らせましょう。

◎自分の声を聞いて見ましょう
自分の声を客観的に聞くことは少ないですが、若い頃に比べてなんとなく声が低くなった…と感じたことはないでしょうか?

声が低くなった、かすれてきた、というのは声年齢が老化しているサインです。
どんなに綺麗なメイクをしていても、おばさん声では魅力も半減してしまいます。

加齢とともに「声がおばさんみたい…」と思ってしまうと、女性としての自己価値も低くなり「もうファンデーションも塗りたくなくて…」

とメイクもおざなりになってしまいがちです。
しかし声も体も自分の意識次第で変えられます。自分の理想の声に近づけるためにも、まずは自分の声をしっかり聞き、声年齢を若返らせてエイジングケアをしていきましょう。

声年齢が高い人の特徴は?
「だんだん声がおばさん声になってしまった…」と感じる人にはいくつかの原因があります。

1. 声帯の老化
年齢によって声が変化するのは、声帯の筋肉が老化するからと言われています。声帯も体の筋肉と同様に老化していきます。
特に女性は更年期から閉経時期にかけてホルモンバランスが変わってくるため、声帯も変化します。そのため声質も低くなり、声年齢が高くなってしまったように感じます。

2. 飲酒・喫煙
飲酒や喫煙は喉に負荷がかかります。お酒に含まれるアルコールは水分を奪い喉が乾燥しやすくなり、タバコに含まれるニコチンは毛細血管を収縮するため喉の粘膜にも大きく影響し炎症を引き起こす可能性があります。
声だけでなく体全体のエイジングケアのためにも、飲酒や喫煙は控えるようにしましょう。

3. 粘膜
ハスキーボイスやしゃがれ声の人は、喉の乾燥が原因です。喉の声帯付近は、粘膜とヒアルロン酸で覆われていますが、加齢とともに粘膜の働きが弱くなりヒアルロン酸が少なくなってしまうため、喉が乾燥してハスキーボイスになってしまうことがあります。
ハスキーボイスは声にハリがなくなった印象になり、声年齢が高く感じてしまいます。また無理に大きな声を出そうとすると声がどんどん潰れていってしまいますので、喉から声を出すのではなく出来るだけお腹から声を出し、こまめに水分補給をするようにしましょう。

声年齢を若くする方法を伝授します!
声年齢を若くするには以下の方法がオススメです。

1.声帯を活性化する
ボイストレーニングをするとエイジングケア効果があると言われており、たくさん声を出す人の声は美しく若々しい印象があります。
声帯は使わないと衰えてしまう機能です。意識的に人と会話をしたり歌ったりしましょう。

2. 口呼吸の人は鼻呼吸をするように意識する
喉の乾燥はエイジングケアの大敵です。喉は常に潤った状態をキープしましょう。特に口呼吸をしている人は、ダイレクトに口の中に空気が通ってしまうため唾液が蒸発して喉全体が乾燥してしまいます。意識的に鼻呼吸に切り替えるようにしていきましょう。

睡眠中の口呼吸が気になる人は、寝る時のマスクも活用しましょう。

3. こまめに水分補給が大切
声年齢を若くするためには、喉の保湿をすることは必須条件です。

喉の保湿のためにはこまめな水分補給を心がけることが大切です。

声帯だけでなく喉全体の潤いケアに繋がります。この時の水分は、コーヒーや紅茶ではなくミネラルウォーターがオススメです。

コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれているため、利尿作用で体内が乾燥してしまう場合があります。

水分補給にはお水、ミネラルウォーターを飲むように心がけましょう。

4.良質な食事習慣を取り入れる。
喉の声帯は、粘膜と、コラーゲンとヒアロン酸で、保湿保護されています。

保湿保護になるコラーゲンとヒアロン酸は、カラダの中で、肌に弾力を与え、ヒアルロン酸は潤いを保つ役割を担います。しかし、20歳をピークに、喉保湿のメイン材料になるコラーゲンとヒアロン酸のカラダ内部での保持量は、低下していきます。

そのため、栄養素を毎日の食事として補う必要があります。その栄養素は、「たんぱく質です。」タンパク質が不足すると「ターンオーバーサイクルの遅れ」「筋肉量の減少」、「肌や髪のトラブル」、「集中力・思考力の低下」を招くと言われています。
タンパク質とは、人の体の約60%は水分でできていますが、15~20%はタンパク質で構成されています。

タンパク質は、人間のカラダの中にある、臓器を構成する基になる栄養素で、細分化すると、タンパク質を構成しているのは、アミノ酸になり、わずか20種類のアミノ酸の組合せによりできた数十~数百個以上の鎖状につながって約10万種類のタンパク質からカラダの臓器は構成されています。
また、20種類のアミノ酸のうち9種類は体の中で作り出すことができないため、食物から摂り入れることが必要な栄養素です。
しかし、たんぱく質(アミノ酸)は貯蓄できない栄養素のため、1日3食ごと、肉や魚、卵、大豆製品などのたんぱく質を取り入れる事を意識しましょう。
アミノ酸を補助食品で摂取
食事から摂るアミノ酸が、「最近、不足している?」と気になる方は、補助食品「サプリメント」からの摂取もお薦めです。
毎日の食事からアミノ酸を摂るのがベストですが、食事を準備する時間が難しい人、外食に頼っている方などにもお薦めです。パン、おにぎりなどの炭水化物を摂るタイミングに「コラーゲン、ヒアロン酸等のサプリメント」摂取がお薦めです。

声年齢を若々しく、円滑なコミュニケーションを
嬉しいことを分かち合ったり、寂しい気持ちに共感してあげたり、人は誰かとコミュニケーションがしたいと願うものです。コミュニケーションも若々しく素敵な声で出来ると嬉しさも倍増します。
喉のエイジングケアをしっかりして、声年齢を若く保ちコミュニケーションを楽しみましょう。

このブログでは、貴方に25歳からの最新エイジングケア情報を順次ご紹介いたします。

 

話題の「口臭予防サプリ」バラの新習慣 お薦めです

話題の「素敵な白い歯は、最新お手軽ホワイトニング」お薦めです

意外と口元は、見られています!?

-ボディケア, 声年齢, 生活習慣, 食事

Copyright© 25才からのエイジングケア入門 , 2018 All Rights Reserved.