ボディケア 生活習慣 食事

「腸内年齢をアンチエイジング」

更新日:

私たちは食べ物を食べ、消化吸収をしてデトックスをするという循環が日々行われています。

しっかりとデトックスするためには、胃腸が滞りなく働くことが重要になります。
特に腸の働きは重要で腸内年齢という言葉もあり、腸内年齢が若い人は年齢に関係なく若々しく過ごすことが出来るのです。
そんな腸内年齢を若返らせるエイジングケアについてご説明していきます。

1. 腸内年齢とは?
腸内年齢とは、腸の老化度合いに関係しています。腸が正常に機能して、食べた物を消化吸収してデトックス出来る状態が健康な若々しい腸であり、腸内年齢も若いと言えます。しかし、腸内で食べ物を消化吸収出来ずに食べたものが腸内に滞ってしまうと、便秘症を引き起こし腸内年齢は高くなってしまいます。

2. 腸内年齢を老化させない秘訣
腸内年齢を老化させないようにするためには、腸内環境を整えることが必須です。腸内環境を整えるには、腸内に棲む善玉菌や悪玉菌など腸内細菌のバランスを整えることが重要です。
腸内年齢が若々しい人の腸内は善玉菌が優勢に活動しています。腸内年齢を老化させないためにも、善玉菌を増やすような食べ物を意識的に摂取していきましょう。

3. 腸内の善玉菌を増やす食べ物
腸内の善玉菌に良い食べ物の代表的なものはビフィズス菌や乳酸菌です。ヨーグルトやヤクルトなどの乳酸菌飲料も、腸内年齢を若返らせるのに効果的です。
体内で生成することが出来ない食物繊維も腸内のお掃除をしてくれるため積極的に摂りたい栄養素です。食物繊維を意識的に摂取して、腸内環境を整えて腸内年齢を若返らせましょう。

4. 腸内年齢が若いことのメリットは?
腸内年齢が若いことでは、体にあらゆるメリットがあります。しっかり老廃物がデトックス出来ることで、体内の循環も良くなり肌の調子も整ってきます。
腸と肌の関係はとても顕著に現れ、腸が綺麗な人は肌も美しいと言われています。逆に肌の調子が悪い人の腸は、老廃物で汚れているのです。
アトピー性皮膚炎やアレルギー体質の人も、腸内環境を整えることで症状の改善が見られることも多くあり、お肌や皮膚と腸は密接に関係していると言われています。
肌の調子が悪いと、どれだけ外側からエイジングケアの美容液などでお手入れをしても、肌にはくすみが出てしまいます。そのくすみは、内臓や腸が原因のくすみですので、根本原因の腸に働きかけなければくすみの解消にはならないのです。
「くすみを隠すためにファンデーションを厚く塗りたくなくて…でも塗らなければ肌が黒いまま」と悩む人は多くいます。まずは肌の調子を整えるためにも腸内環境を良好にして、腸内年齢を若返らせるようにしてみましょう。

5. 腸内年齢が高くなることのデメリット
腸内年齢が高くなると便秘症になり、食べたものをきちんとデトックス出来なくなります。すると食べ物の消化吸収も出来にくくなり、体内に栄養素を取り込みにくくなることや、腸にガスがたまり圧迫感が出るなど、体に色々な弊害が現れます。
また、腸内に老廃物が滞ると、腸のあたりがぽっこり出てしまい、いわゆるお腹が出ている中年太りのスタイルになってしまいます。
これは中年だからお腹が出ているのではなく、腸内環境が悪化してしまった結果にお腹が出ていることも多くあります。
引き締まったウエストラインや美しいスタイルを保つためにも、腸内環境を整えて、腸内年齢を若返らせましょう。

腸内年齢についてのまとめ
腸内年齢を若返らせることは、健康のためだけでなく体内循環や美肌に大きく影響するのです。いつまでも美しい肌を保つためには、腸の健康がとても大切です。健康な体と美しい肌のためにも、腸内年齢を意識して生活していきましょう。

このブログでは、貴方に25歳からの最新エイジングケア情報を順次ご紹介いたします。

 

話題の「酵素乳酸菌ユーグレナ」お薦めです。

話題の「腸まで届く生の酵素」お薦めです。


-ボディケア, 生活習慣, 食事

Copyright© 25才からのエイジングケア入門 , 2018 All Rights Reserved.