スキンケア ボディケア 生活習慣 食事

エイジングケアは、まずはカラダの内部処理から?

更新日:

「25歳からのエイジングケア入門」お寄り頂き、有難う御座います。

お悩みの方が多いカラダ内部処理(便秘対策)についてご紹介いたします。

カラダ内部のエイジングケアとして、便秘対策をステップ1~3にて、ご紹介いたします。

ステップ1「軽い運動」

便秘の原因1つとして、大腸動きの停滞が考えられますので、

活発化を促すリズムを整える為に、継続しやすい軽い運動を紹介です。

夜寝る前にうつぶせ寝で、10分程キープ後に、体を左右に転がすように傾ける動きを5往復行います。

大腸に溜まったガスを追い出すことができ、動きがにぶくなっていた大腸が活発化されます。

ステップ2「便秘中の推奨食事」

便秘になったら「食物繊維」とイメージしますが、食物繊維は

「便秘予防」に効果はありますが、

「便秘改善」には逆効果の場合もあるので注意です。

改善に期待されるのは、うどんやお粥など消化吸収のよい炭水化物を

少し温かい状態で食べることをお薦めいたします。

ステップ3「便秘予防の食事」

改善後に、便秘の再発予防のため食物繊維と、発酵食品+酢をとるよう心がけることも大事です。

安価で、お手軽な食事のメニュー組み合わせで、

まずは、朝ごはんを切り替えてみませんか?

朝、納豆に生卵、酢野菜(130g)※スーパー・コンビニのカット野菜1袋を酢和え

食事の順番は、酢野菜を食べる。→納豆+生卵を食べる。

                         ※ご飯、パンは無しです。

発酵食品+植物繊維+酢の組み合わせで、大腸が活性化します。

夜ごはんに採用すると、安価で、ダイエット効果もバツグンです。

その他情報で、便秘について注意事項です。

長引く便秘を軽く考えていると、思わぬ病気の可能性もあり、注意が必要です。

潰瘍性大腸炎の可能性もありますので、一応、下記のチェックをしてみて下さい。
「潰瘍性大腸炎」とは、大腸に原因不明の炎症が起きて

慢性的な便秘&下痢などが起こる病気です。

早期発見→早期治療が大事です。

症状1
出血まじり、あるいは白いゼリー状のものが便に混ざる

症状2
原因不明の激しい腹痛や、それに伴う熱などの体調不良

症状3

下痢→便秘を繰り返す

症状4

体重の急激な減少

以上の症状があれば、潰瘍性大腸炎の疑いがあり、早めの受診をおすすめします。

このブログでは、貴方に25歳からの最新エイジングケア情報を順次ご紹介いたします。

 

話題の「酵素・乳酸菌・ユーグレナ、話題の成分がこれ一つ」お薦めです。

話題の「紫外線&シミ対策の飲む日焼け止め美白サプリ」お薦めです。

-スキンケア, ボディケア, 生活習慣, 食事

Copyright© 25才からのエイジングケア入門 , 2018 All Rights Reserved.